結婚式後に必ずお礼

結婚式後には必ずお礼を伝える

結婚式後に行う参列者へのお礼

結婚式や披露宴を行うことに決めると、長い時間をかけて、さまざまな準備をする必要があります。当日は新郎新婦は主役ですが、同時に結婚式の参列と披露宴に招待をしたゲストのホストとして、式次第や進行、ゲストが楽しんでいるかどうか、食事などはスムーズにサービスされているか、なにか困ったことはないかなど、気を遣わなければいけません。当日はバタバタして、招待客へお礼をいう時間がなかなか取れないことがほとんどですので、後日改めて、職場などで会える人は直接、遠方などで会えない方は電話などで、披露宴に来てもらったお礼の気持ちを丁寧に伝えましょう。

式に参列する際の注意点

友人や知人が結婚され、式への参列をお願いされることがあります。参列するにあたってはいくつかのマナーがあり、きちんと守らないと相手方に失礼となってしまうことがあるため注意が必要です。まず、招待状についてですが、返信期日が設けられているためきちんと期間内に返信しましょう。次に服装ですが正装での参加するようにしましょう。ネクタイは黒色は避けるようにしましょう。ご祝儀については立場により金額は異なりますが、お札の入れ方にもマナーがあります。ご祝儀袋に説明が付いていますのできちんと確認しましょう。マナーをしっかり守り結婚される方を祝福してあげましょう。

↑PAGE TOP