結婚式に着物で参列

結婚式に着物で参列するなら

結婚式に参列する時の着物マナー

結婚式に参列する時に着物を着ると引き締まった印象を与えます。振袖などは華やかですので新郎新婦にも喜ばれる装いです。しかし、どのようなものを着たらいいんだろう、と悩むことはありませんか?着物には振袖、訪問着、黒留袖など種類や色がたくさんありますが、やはり年齢や立場によって袖の長さや柄など、相応しいものとそうでないものがあります。花嫁とかぶらないようにする必要もあります。また結婚式に参列する時に似合う髪やネイルなどもありますので、参考にしながら場に彩りを添え、自分自身もおしゃれを楽しむことができるでしょう。

式に参列するときのマナー

結婚式に出る機会というのは人生の中で何度もあることでしょう。これが身内の挙式なのか、友達や知り合いなどの挙式であるのかということでも立場や服装、お祝いなども違ってくるものです。ですから、それを踏まえて準備をするようにします。一般的には友達であれば、ご祝儀は3万円程度、親族であれば関係が近いほど高い金額を出すことになるでしょう。また、服装に関しても親族では着物や礼服にすることも多いのですが、友達ではドレスやスーツでもよかったりするのです。ですから、主役との関係性を考えながら、結婚式の参列の検討をするといいでしょう。

↑PAGE TOP