結婚式ドレスコード

結婚式のドレス選びポイント

結婚式参列のドレスコード

結婚式に招待されて参列をすることになったら、女性の招待客の場合は何を着るか、というのがとても大切な問題となります。なかでも、ドレスコードには、特に気を遣う必要があります。その中でも注意をしたいのはドレスのカラーです。結婚式の主役である、新婦の色とされるホワイトの服を身に着けることは、もっともタブーである、とされています。白っぽいベージュも、光の加減によってはホワイトに見えますので避けましょう。また、お色直しの色とかぶるのも、あまりよくないこととされています。そのため、あらかじめ新婦にお色直しのカラーを聞いておくことがおすすめです。

式の参列者を決めるポイント

結婚式、結婚披露宴を行う際、どれだけの人数を招待するかは悩むところだと思います。神社などで神前式を執り行う時や、信者となっている教会で式を行う場合などは、限られた人数しか参列できないということもあります。また、式場と披露宴会場が離れている場合は、移動だけでも大変となりますので、親しい親族が参列するケースも多いようです。同じ会場で挙式と披露宴を行うようになっていたり、多くの人の前で愛を誓うスタイルとなる人前式を行う場合には、招待客にも出席をお願いして、多くの方に証人となってもらうのがおすすめです。

↑PAGE TOP