結婚式参列マナー

結婚式に参列する際のマナー

結婚式の参列者のマナーについて

人生でとても大切な儀式である結婚式。その結婚式に招かれた場合は最高の笑顔でお祝いをしましょう。参列者の服装は花嫁花婿のカラーである白は避け、女性は昼間は明るいカラー、夜はシックなカラーで華やかな中にも品のある服装にしましょう。男性は礼服が主流ですが、きちっと感があれば、おしゃれにまとめても大丈夫です。主役のお二人のお母様やお父様にもにこやかに対応し、主役のお二人のことを楽しく話すのも喜ばれるでしょう。お忙しくされていると思いますのでお話は短めのほうがよいですが。ご祝儀は当日受付で渡しますが、プレゼントは前日までにお渡ししておく方が素敵なマナーといえます。

挙式に参列するのなら

人生の中で、何度かは結婚式の招待される機会があることでしょう。それが身内であることもあれば、友達や同僚である場合もあります。そういった時には当日に向けて準備をしていくことになるでしょう。ほとんどの場合でご祝儀や服装なども一定のルールに沿っていくようにすると間違いはないでしょう。例えば、友達や同僚の立場では参列の服装はスーツやドレス、着物で、ご祝儀は3万円程度が一般的です。準備の際にはマナーもあるので、それに則るようにすることが大切なのです。結婚式は新郎新婦の親族も集まるような式になりますので、失礼がないようにしたいものです。

↑PAGE TOP